So-net無料ブログ作成

いつか陽のあたる場所で 感想 7話 [いつか陽のあたる場所で 感想 7話]

いつか陽のあたる場所で 第6話の放送は続けてご覧に成りましたか^^
上戸彩さんが良い演技をしてますよね^^

次回、2月19日放送分・第7話のあらすじを
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい。


『 いのちの王国 / 乃南アサ 』





【あらすじ】

2月19日放送分(第7話)

芭子(上戸彩)は、岩瀬(斎藤工)に自分の前科を告白しようと決心する。

一方、綾香(飯島直子)は、
かつて同じ刑務所にいたスリの常習犯・香江子(坂井真紀)と偶然出会う。

そのころ、芭子の家を弟・尚之(大東駿介)が訪ねていた。
結婚式の写真を渡しに来ただけだと言われるが、心底うれしい芭子。

だがそのうれしさもつかの間、香江子が綾香の職場とアパートを捜し当て、
金を出さなければ2人の過去をばらすと恐喝してくる。


『 いつか陽のあたる場所で [ 乃南アサ ] 』






http://www.nhk.or.jp/drama10/itsuka/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。