So-net無料ブログ作成
ゴーストママ捜査線 感想 第6話 ブログトップ

ゴーストママ捜査線 感想 第6話 [ゴーストママ捜査線 感想 第6話]

ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~
第5話の放送は引き続き観ましたか^^
視聴率の方は、第5話が10.3%と何とか二ケタ台に戻して来ましたね^^

次回、8月18日放送分・第6話のあらすじと
視聴率の推移を後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!


『ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 オリジナル・サウンドトラック』





☆【視聴率の推移】☆

  第1話:15.2%
  第2話:11.0%
  第3話:11.0%
  第4話: 9.5%
  第5話:10.3%



【あらすじ】

8月18日放送分(第6話)

航平(沢村一樹)が撮影した写真を、とんぼ(君野夢真)が客に届けることに。

心配した蝶子(仲間由紀恵)は付いて行こうとするが、
待つのが親の務めだと三船(生瀬勝久)に諭される。

無事に帰宅したとんぼは、猫が飼いたいと言いだした。

翌朝、蝶子が尾行すると、
とんぼは病院の裏で前日のお使いの帰途に出会った
マイ(石井萌々果)という少女と共に猫と遊び始めた。

蝶子は、病気で亡くなったマイが猫のことが心配で幽霊になったと知る。


『主題歌:Aqua Timez /つぼみ《初回仕様》』





http://www.ntv.co.jp/ghostmama/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ゴーストママ捜査線 感想 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。