So-net無料ブログ作成
東野圭吾ミステリーズ ロケ地 11話 ブログトップ

東野圭吾ミステリーズ ロケ地 11話 [東野圭吾ミステリーズ ロケ地 11話]

木曜劇場・東野圭吾ミステリーズ 第10話の放送はご覧に成りましたか^^
第10話は、『二十年目の約束』で篠原涼子さんが主演でしたね。

視聴率は、第10話が7.5%と各話とも殆ど視聴率が変わりませんよね^^;
いよいよシリーズの最終話ですね^^
二ケタ台は無理そうですが・・・^^;

次回、9月20日放送分・第11話(『再生魔術の女』:鈴木京香 )のあらすじと
視聴率の推移(タイトル&主役)を後半で紹介してますので、是非ご覧下さい!


『東野圭吾公式ガイド』





 ☆『視聴率の推移』☆


 第 1話:11.3%  『さよならコーチ』:唐沢寿明
 第 2話: 7.8%  『犯人のいない殺人の夜』:坂口憲二
 第 3話: 8.8%  『エンドレス・ナイト』:松下奈緒
 第 4話: 7.8%  『レイコと玲子』:観月ありさ
 第 5話: 9.1%  『甘いはずなのに』:反町隆史
 第 6話: 8.9%  『シャレードがいっぱい』:長澤まさみ
 第 7話: 7.9%  『白い凶器』:戸田恵梨香
 第 8話: 7.6%  『小さな故意の物語』:三浦春馬
 第 9話: 8.9%  『結婚報告』:広末涼子
 第10話: 7.5%  『二十年目の約束』:篠原涼子
 第11話:     『再生魔術の女』:鈴木京香






【あらすじ】

9月20日放送分(第11話)

峰和(小澤征悦)と千鶴(西田尚美)の夫婦は、
不妊治療が専門の医師・章代(鈴木京香)から、
養子縁組を前提に、ある赤ん坊を紹介される。

千鶴の父・根岸(竜雷太)は峰和の勤務する会社の社長で、
入り婿である峰和は社内のライバルを退職に追い込むなど、したたかで冷酷な男だ。

ある日、養子縁組の件で章代に呼び出された峰和は、
店やワインの好みが同じ章代の謎めいたほほ笑みにひかれ、
彼女に男性としての野心を覚えるが…。



『セカンドバージン スペシャル・エディション [ 鈴木京香 ]』






http://www.fujitv.co.jp/higashino-keigo/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
東野圭吾ミステリーズ ロケ地 11話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。